ELENA TUTATCHIKOVA

Artist Statement


In my work, I am interested in the connection between imagination, walking and storytelling, and in the relationship between nature and man across different regions. Fieldwork is an important part of my practice. With the help of the local people, I try to approach the land in its complicity, as a source of history, language, imagination and thought. The resulting work comes in form of installations, which incorporate photography, video, sound, text and drawings.
I think of fieldwork not as a one-sided process, but as collaboration with people creating a dialogue about our shared experiences.
As a way of collaboration with local people, and as a way of artistic expression, I explore walking. I conduct walking and mapping workshops, with the aim to help us be more conscious about the environment, to learn about our perception and imagination of the landscape, and help us to express our knowledge.
Through various artistic practices and physical interactions with the landscape we do not only become more knowledgeable, but can also find our way to live in the ever-changing world. Maybe this connection with the land is what makes us human.

Elena Tutatchikova



私の作品制作は、歩くことから始まる。日々の作業としての歩行から発想し、地面を踏むことでその土地を知り、人と関わりながら生活をし、作品を作っていく。

歩き、思考し、制作を重ねていく中で、私はアーティストにとって制作とは、自然や、人間の文化の蓄積によって形成されていく風景と、人間の営みによって変化し形成される「土地」 への理解を深めようとして、能動的に土地と人間と関わることだと考えるようになった。

土地と関わり、つまりフィールドワークをしながら、土地を巡る想像力や物語創造を探る。土地に秘める無数の物語を発見し、その時適切と考えた表現方法を使って物語を体験可能にし、形として残していく。土地の詩学を探ることこそ、アーティストの仕事ではないか。

私は作品制作の中で、写真、映像、文章、音など、様々なメディアを表現方法として使用する。それらの表現方法は、世界について思考し土地や人を知るために必要な道具や素材だと考える。しかし、わたしにとって、アーティストとして制作する意味は、ものとしての作品を作るだけのことではない。何より、制作することは、その土地のことや人間として生きることを思考するための環境/状況/経験を作り続けることにある。

その土地で関わる人々は共に考え、歩き、会話し続ける共同制作者だとわたしは思う。「共に」そして 「互いに」という関わり方こそ、作品制作の基本的な条件の一つだろう。関心がある場所や人を自ら見つけ、時間をかけて土地に通い、関係を作りながら制作し、アーティスト個人として活動を行う。そして「なぜそれを行うか」を常に問い続ける。


エレナ・トゥタッチコワ

Elena Tutatchikova ©