ELENA TUTATCHIKOVA

9.2018
Elena Tutatchikova Project / エレナ・トゥタッチコワ企画
The Path Across the Peninsula / 道は半島をゆく (Shiretoko Peninsula / 知床半島)


この度、エレナ・トゥタッチコワによるプロジェクト「The Path Across the Peninsula / 道は半島をゆく」を知床半島の各地で開催します。本プロジェクトはトゥタッチコワが2014年の夏から毎年続けてきた知床での滞在制作の集大成となります。プロジェクトを成す4つのプログラムを体感することで、トゥタッチコワと共に知床を歩くかのように半島を巡る4本の「道」を辿ることができるでしょう。

斜里町での展覧会《天気の道》は2014年より斜里・峰浜で何度も滞在制作を重ねてきたトゥタッチコワが歩きながらとらえた移り変わる季節、天気によって表情を変える風景の写真と言葉と作家本人の落書きから構成されます。

羅臼町での展覧会《氷の道》は毎年知床を訪れる流氷の形成と移動、そして流氷のある風景を眺めながら暮らす人々に眼差しを向けた映像と写真を展示します。

斜里町児童館でのワークショップ《音の道》は音に耳をすませ、町を散策し、自分だけの音の地図をつくる、小·中学生向けに開催されます。

知床の森でのツアー《獣道》は斜里町在住の絵本作家・あかしのぶこさんと一緒に、森の物語を想像しながらみんなで獣道を歩きます。

この9月は、瑞々しい感性とユーモアにあふれ、この地を愛してやまないエレナ・トゥタッチコワと共に知床の道を歩くプロジェクトにぜひご参加ください。

  

道は半島をゆく

私の知床への旅は、2014年の夏から始まる。北海道という大きな島の最果てにある、大自然が広がる知床半島は、いったいどんな風景が見え、どんな人々が暮らす場所なのだろうという好奇心と、「最果て」まで行ってその道を歩きたいという思いがきっかけだった。

その夏以来、知床に住む人々との縁のおかげでこの土地へ何度も通うことになった。4年の間ベースキャンプであった「ウナベツ岳メーメーベーカリー」から出発して知床の道を歩き、滞在制作を続けてきた。初めて知床を訪れた時には半島の形をなぞる道路や知床横断道路、斜里岳へ行く道路しかなかった頭の中の地図に、脇道や畑の道、山道や森の道、獣道や人間の道、その季節しか出現しない道がたくさん加わった。

知床は、常に変化するその風景の中を歩くことやそこに暮らす人々の話を通して、人間が風景をどのように想像し思考して自分の世界地図を作り上げていくのかをたくさん考えさせてくれる場所だと思う。どんな場所も唯一であることに間違いはないが、知床は、そしてその光や匂いや音は、私にとって小さい頃の家の記憶、かつて住んだことがある大切な場所の記憶を思い起こす力を持っているのだ。気がつけば、知床へ戻ることが1年のサイクルの中に自然に加わり、人間として生きること、アーティストとして人間と風景と関わることについて、知床とそこに暮らす人々から多くを教わった。 

ある夏の朝に出発して、歩いても歩いても終わらない知床の道が教えてくれたのは、人間が歩く道には始まりはあるが終わりはなく、むしろ道を歩きながら考えることこそが重要なのだということ。この9月も初めての旅の気持ちを忘れずに、知床の道を辿っていきたい。

エレナ・トゥタッチコワ



The Path Across the Peninsula / 道は半島をゆく

Ⅰ. 天気の道 Weather Paths

エレナ·トゥタッチコワ個展
写真,文,落書きなど,峰浜を中心に,エレナが斜里で制作した作品による展示
会場|斜里町農業資料等収蔵施設(旧斜里町立朱円小学校)
日程|9月1日,2日,8日,9日,15日,16日,22日,23日,29日
(全9日,土日のみ開催,最終週は土曜のみ)
時間|12:00—17:00
トークイベント|9月1日(土)  16:00より
オープニングレセプション|9月1日(土)  17:00—19:00

Ⅱ. 氷の道 Ice Paths

エレナ·トゥタッチコワ個展
知床の流氷,その形成と移動,そしてその風景を眺めながら
暮らす人々を考える,写真と映像作品による展示
会場|ギャラリーミグラード(北海道目梨郡羅臼町本町4-1)
日程|9月3日(月) — 27日(木)
休廊日|9月8日,14日,17日,22日,23日,24日
時間|10:00—16:00(No Borders Cafe 営業中に開催) 

Ⅲ. 音の道 Sound Paths

「斜里の音の地図をつくろう!」
エレナと一緒に,音に耳を澄ませ,斜里を散策し,
自分だけの音の地図を作るワークショップ
会場|斜里町児童館(北海道斜里郡斜里町青葉町29-6)
日程|9月15日(土)
対象|小·中学生  定員 15人  ※先着順
お問い合わせ|斜里町児童館  Tel. (0152)-23-5245


Ⅳ. 獣道 Animal Paths

森の獣道を辿るツアー(SHIRETOKO WALKING PROJECT #2)
絵本作家·あかしのぶことエレナ·トゥタッチコワと一緒に,
森の物語を想像しながら,知床の獣道を歩く
場所|知床半島斜里町側の森(詳細は参加者決定後お知らせ)
日程|9月23日(日) ※ 悪天候の場合24日に振り返る
時間|10:30予定 所用時間 2時間程度
対象|高校生以上 定員 10人 ※先着順


助成|公益財団法人テルモ生命科学芸術財団
協力|アーティスト・イン・シリエトク, ウナベツ岳メーメーベーカリー, 知床博物館, No Borders Café
お問合せ先|shiretokowalkingproject@gmail.com
Instagram|shiretokowalkingproject
web|http://elenatutatchikova.com




26.5.2017 - 10.6.2018 solo exhibition "With Ice, Comes New Sun" @ NOMA t.d. (Tokyo)


venue: NOMA t.d..(150-0012 Tokyo, Shibuya-ku, Hiroo 3-12-4) 
schedule: May 26, 27, June 2, 3, 9, 10 (open on Saturdays and Sundays, 13:00 - 19:00 
Opening Reception:  26.6.2018 (Sat), 18:00-20:00
Details: http://nomatextiledesign.com


展示会場: NOMA t.d.(〒150-0012 東京都渋谷区広尾3-12-4)
日時: 5月26日、27日、6月2日、3日、9日、10日 (土日のみ)
時間: 13時〜19時
オープニングレセプション: 5月26日 18時〜20時
詳細: http://nomatextiledesign.com

***

流氷の風景を眺めるたびにその風景の絶えない変化と、その変化を目の当たりにすることによって、天気、光、風という物質として眼に見えないものの存在を全身で感じ取れることに私はいつも感激する。流氷が知床半島に辿り着くまでのルート -- 一定の範囲内だが、実際様々なパターンを作り出す氷の流れでできる海道 -- そのルートを線にして氷が描く海上の地図を想像してみる。
 
毎年、氷の泥から始まり、時間をかけて国境を超え、何キロもの距離を辿って、その間の全距離の海の宝物を吸収して、やがて1月末頃、流氷は知床半島の付け根にあたる斜里へとやってくる。風に流されて行ったり来たりもするが、冬の間はどこまでも広がる真っ白な雪原のようなオホーツク海を眺めることができる。
 
そして3月、春の気配を感じると氷が溶け始め、隙間に海が見えて、やがて一番大きい氷の板だけが真っ白な島のように海に浮かぶ。流氷の時期でこの季節が一番好きだ。同じ形が一つもない、海上からその巨大な姿の一部をみせる氷の島は独立した意識を持つかのような、海から生まれた不思議な生き物に見える。耳をすませば小さな音が聞こえてくる。「プク、メリメリー、プクプク」。もう春が近い。だんだん暖かくなっていくと、この島たちはそのまま湖のように真っ青なオホーツク海に溶けて沢山の栄養分を残して消えていく。
 
流氷の風景を眺めていると、過去の人間や動物が厳しい冬の間に雪で閉ざされた地上の道を通過できなくなり、岩場のように歩きづらく、常に動く氷上の道を作りながら移動したことを私は想像する。
想像力はこのような風景から生まれるものだと思う。私たちは風景を眺め、想像し、その風景の中を辿って、世界との繋がりと自身の存在を確かめ、自分の世界地図を創り出していく。大移動や小さな道作り、生まれては消えていく、あるいはともに生きる命。それは全て絶えない変化と移動とともに何にも邪魔されることなく見えてくるものであり、そして物語となっていく。
エレナ·トゥタッチコワ

12.2017 - 1.2018 solo exhibition "On Teto's Trail" @ Gallery Trax (Yamanashi)


venue: Gallery Trax (1245 Takanecho Gochoda, Hokuto, Yamanashi Prefecture) 
schedule: 2.12.2017 (Sat) - 14.1.2018 (Sun) (open on Fri, Sat, Sun, Mon; closed on winter holidays 19.12.2017-12.1.2018) 
Opening Party:  2.12.2017 (Sat), 3 pm~ (by reservation, dinner included, 1500 yen)
Trax Walking Tour: 10.12.2017 (Sun), 1 pm (reservation: trax@eps4.comlink.ne.jp)


展示会場: Gallery Trax (山梨県北杜市高根町五町田1245)
日時: 2017年12月12日(土)- 2018年1月14日(日)<金.土.日.月の営業のみ ※12月19日ー1月12日は冬期休業>
時間: 11:00-17:00
Opening Party: 12月2日(土) 3pm~ (予約制・料理 ¥1500 )
Trax Walking Tour: 12月10日(日) 1pm~
エレナとテトと一緒に、ギャラリートラックス周辺の道を辿るウォーキングツアー。 参加費無料、年齢不問、事前予約必要 (e-mail/trax@eps4.comlink.ne.jp)


英語には「foil」という言葉があるのだが、その意味の一つは、中世英語から由来している「(眼に見えない)獣の跡」、あるいは「獣の臭跡」だ。獣の道を辿ることは、獣の「foil」を辿るということ。また、「痕跡を消すように下流を辿る」を意味する「foilen」という、現在は存在しない大昔の猟師たちが使っていた言葉もある。眼に見えない無数の道を辿り、痕跡を残しながら、人間はきっと世の中を歩いて生きていたのだろう。 

最近、犬と歩く機会が度々あるのだが、犬と歩くことは、やはり一人で歩くやヒトをともにして歩くとは、何か違う能力を必要としているのではないかと思ったりする。

ある日、八ヶ岳麓に住んでいるテトという犬とお散歩をして、ふと気がついた。私よりこの場所をよく知っているテトは、人間の私には見えない道を歩いているのではないか、と。それに気がついた私は、テトの眼と鼻と足と記憶を頼りに、八ヶ岳麓の道を案内してもらうことにした。そこから私とテトの旅が始まり、今も続いている。


8.10.2017 BOOK SIGNING @ TOKYO ART BOOK FAIR


venue: torch press booth at TOKYO ART BOOK FAIR
schedule: 8.10.2017, 14:00-16:00
details: http://tokyoartbookfair.com/en/book-signing/

6.16.2017 INTERVIEW

Interview for KANSAI ART BEAT

http://www.kansaiartbeat.com/kablog/entries.ja/2017/06/kumagusuku_elenatutatchikova.html

6.2017 solo exhibition "Hour of the Sheep, North Wind, Sunny" (Tokyo)

Elena Tutatchikova: Hour of the Sheep, North Wind, Sunny
エレナ・トゥタッチコワ個展 「ひつじの時刻、北風、晴れ」

Venue: STUDIO STAFF ONLY (Shibuya-ku, Jingumae 2-3-1 Nagasaki bld., 4F)
Schedule: June, 15,16,17,17,22,23,24,25 (8 days, Thu-Sun)
Time: 17:00-21:00 ※ A video work will be also exhibited on the roof, in good weather only.
Opening reception: June, 16 (FR), 18:00-21:00


エレナは、2014年の夏に初めて知床に滞在して以来、何度も峰浜を訪れ、誰も読めない知床半島の地図を描いたり、オホーツク海に転び落ちたり、狐と鬼ごっこをしたり、羊を驚かせたり、白猫ピコから白いイイズナのお土産をもらったり、石や流木を拾い集めたり、山で山菜をとったりして、フィールドワークを続けてきました。
本展覧会では、今年3月、知床の山・ウナベツ岳の麓にあるメーメーベーカリーで展示した映像作品や日記、峰浜で撮影した写真などを展示します。


展示会場: STUDIO STAFF ONLY (東京都渋谷区神宮前2-3-1 長崎ビル4F) http://staffonly.tokyo/
会期: 2017年 6月15日 (木), 16(金), 17(土), 18(日), 22(木), 23 (金), 24 (土), 25 (日) (8日間・木曜日〜日曜日)
時間: 17:00〜21:00 ※晴天時のみ屋上にて映像の展示あり。雨天時には中止します。

[オープンビングレセプション]
2017年6月16日(金), 18:00〜21:00
レセプションでは、知床ウナベツ岳メーメーベーカリーのパンや、
知床の文化を紹介する雑誌『シリエトクノート』などを販売します。


10.6-25.6.2017   solo exhibition "With My Dinosaurs" (Kyoto)


Venue: KYOTO ART HOSTEL kumagusuku (37-3 Mibubaba-cho, Nakagyo-ku, Kyoto, 604-8805, JAPAN 〒604-8805)
Schedule: June, 10 (Sat) - 25 (Sun)
Time: 16:00-21:00

[Talk Event]

Guests: Motoi Miura (Theatre Company "Chiten" director), Elena Tutatchikova
Schedule: June, 11 (Sun), 18:30-20:00 (door 18:00)
Opening reception will be held after the talk event till 21:00.


Organized by KYOTO ART HOSTEL kumagusuku
Cooperation: YUY BOOKS、torch press

Details: http://kumagusuku.info/362



7.4 - 16.4.2017   solo exhibition "In Summer: Apples, Fossils and the Book"

Venue: BOOK MARÜTE (1-3-17, Higashihama-cho, Takamatsu-shi, Kagawa, 760-0037, Japan)
Schedule: April, 7 (Fri) - 16 (Sun) (Closed on April, 12)
Time: 13:00-20:00, Sat/Sun 11:00-20:00


展示会場: BOOK MARÜTE (〒760-0031 香川県高松市北浜町3-2 北浜alley-j)
日時: 2017年4月7日(金)- 16日(日)※4月12日のみ休廊
時間: 13:00-20:00/土日11:00-20:00


トークイベント
エレナ・トゥタッチコワ×網野奈央(torch press)
[日時]2017年4月9日(土)19:00〜(受付18:30〜)
[参加費]1,000円(1ドリンク付)
▶︎参加申込はこちら

Details: BOOK MARUTE



12.2016 BOOK RELEASE AND SOLO EXHIBITIONS

The new photobook "After an Apple Falls From the Tree, There is a Sound" will be released in December, 2016. Alongside the book release, two solo exhibitions at POST (Ebisu) and nani (Shibuya) will also be held.

"After an Apple Falls From the Tree, There is a Sound"
Date of release: Middle of December
Photographs and Text by Elena Tutatchikova
Design by Yuri Suyama
Edited by Nao Amino
Size A4, 80 pages
Languages: Japanese, English
Price: 2500 yen (without tax)
ISBN978-4-907562-09-6 C0070
Year: 2016
Publisher: torch press
Special edition with a print attached will also be available: Photobook one print (8x10 inches, c-print, ed.20)
Details: http://www.torchpress.net/2016/10/28/book-apple/ (Japanese)
http://www.torchpress.net/2016/12/07/book-apple-eg/ (English)

Related solo exhibitions:

① "In Summer: Apples, Fossils and the Book"
Venue: POST (150-0022 Tokyo, Shibuya, Ebisu-Minami 2-10-3)
Schedule: December, 9 (Fri) - 29 (Thu), 12:00-20:00 (Closed on Mondays)
Opening reception: December, 10 (Sat), 18:00-20:00
Alongside the works from the series "After an Apple Falls From the Tree, There is a Sound", the new series "Treasures", that is also included in the photobook, will be exhibited.

② "In Summer, With My Dinosaurs"
Venue: nani (151-0063 Tokyo, Shibuya, Tomigaya 1-43-12, suyama design 1F)
Schedule: December, 3 (Sat) - 18 (Sun), on Saturdays and Sundays only, 12:00-18:00
A new video work of children's adventures in summer will be exhibited alongside the photographs.
Details: http://suyama-d.com/nani/journal/elena-tutatchikova/