ELENA TUTATCHIKOVA

"風の日は島を歩く | Days With the Wind"
高松アーティスト・イン・レジデンス2020
14-28.2.2021 香川県高松市、女木町(女木島)

展覧会概要

本企画は、2020年12月より高松アーティスト・イン・レジデンス2020に参加し、女木島と男木島で島民の協力のもとフィールドワークや作品制作を行い、2月中旬〜下旬女木島にて展覧会を開催した企画である。
本展覧会は、二部構成となっていた。 一部である「 海のアトリエでの展覧会」は、島に滞在している間に使ったアトリエでの個展だった。ここでは、映像や写真作品のほか、女木島と男木島の島民の物語を集めた冊子や、島の形を描いたスケッチブックなどを展示した。
二部では、女木島を歩きながら鑑賞者に自ら体験してもらう、詩の展示だった。島とはどんな場所か、島で暮らすとはどんなことか、島と島、島と人間の関係性について考える機会となるように、女木島の特徴的な5カ所のロケーションで、詩が書かれたハガキが入った木箱を設置した。そのハガキを読み、持ち帰り、次の場所へ歩き島を渡っていく、と行った形で島を体験してもらう野外の展示だった。

I. 海のアトリエでの展覧会
会場| 松風 (〒760-0092 高松市女木町496番地)
日程| 2月14日(日),19日(金),20日(土),21日(日),26日(金),27日(土),28日(日) (全7日,金土日のみ開催)。
時間| 10:30—16:30

II. 島の道を辿るための詩の展示
会場| 女木島島内5か所
日程| 2月14日(日)〜28日(日) 終日 (海沿いの展示は干潮時のみ鑑賞可能だった)

島の道を辿るための詩の展示

① 松原 (写真 1-2)

② 女木島野営場近くの海岸(干潮時のみ鑑賞可)(写真 3-5)

③ おにの展望台 (写真 6)

④ 西浦、海岸沿いの荒多大明神祠付近の黒い石 (写真 7-10)

⑤ タカト山山頂 (写真 11)

海のアトリエでの展覧会

Elena Tutatchikova ©